もとファイナンシャルプランナーのブログ

もとFPがハワイ移住を目指すブログです♪

世界最大の発明は複利だ!!!!byアインシュタイン

この記事は約3分で読めます。

f:id:gambiecat:20190817212029j:plain

『世界最大の発明は複利だ。』とアインシュタインが言ったのはご存じでしょうか?

 

わたしは、、、、もちろん知りませんでした。

この話を聞いた時に、「え?あの相対性理論の人でしょ?」「複利って金融用語でしょ?銀行とかの金利の種類のひとつで、、」と不思議に思いました。

 

なぜ彼が『複利』というモノにそんなにも魅力を感じたのでしょうか?

今日は複利のお話しをしていこうと思います。

 

 

そもそも金利には「単利」と「複利」の2種類があります。

f:id:gambiecat:20190817230414j:plain

 

 

◇単利とは、

預けた金額だけに適応される金利のことです。

100万円を銀行に預けたらこの100万円部分だけに利息がつきます。

 

f:id:gambiecat:20190817220913j:plain

毎年毎年受け取れる利息は同じです。

  

 

◇複利とは、

預けた金額に利息分がつき、翌年はその合計額に対して金利が適用される方式です。

f:id:gambiecat:20190817223916j:plain

 

100万円を預けた場合、1年目は単利と同じ分だけ増えますが翌年はもとの100万円+利息分の合計を元本として金利適用されます。

 

つまりどんどんお金が増える仕組みです。

 

 

 

Let's try!!!

f:id:gambiecat:20190817230809j:plain

では、それぞれ「単利」と「複利」で金利10%で10年間預けた場合を比較してみましょう。

 

f:id:gambiecat:20190817220917j:plain

 

単利の場合はシンプルに毎年受け取れる金利が同じなので、

上の計算式のように利息10万円を10年分+もとの元金 となります。

 

 

 

 

f:id:gambiecat:20190817223915j:plain

 

複利の場合は、毎年の元金が大きくなっていきます。前年の利息分をどんどん元金に含んでいくので、その分受け取れる利息も毎年毎年増えていきます。

 

 

単利運用と複利運用では59万円も違いがでるんですね~。

大きい!

f:id:gambiecat:20190817231056j:plain

 これが20年、30年になったらもっともっと大きな差になっていきます。

お金を預ける時に、『単利』か『複利』を少し気にするだけでこんなにも差がでるんですね。

 

ぜひみなさんも気にしてみてください~☆