もとファイナンシャルプランナーのブログ

もとFPがハワイ移住を目指すブログです♪

銀行に預けた1000万円を30年後に引き出した時、一万円札は何枚出てくる???

f:id:gambiecat:20190811180832j:plain


 みなさんは銀行で貯金をしてますか?

 

ほとんどの方が『YES』と答えると思うのですが、今日はこの銀行に預けたお金が30年後にどうなっているか考えてみようと思います。

 

f:id:gambiecat:20190811180824j:plain

 

下記質問に答えて頂くとイメージしやすいと思うので、少しお付き合いください☆

 

1.あなたが現在預けている金額を頭の中でイメージしてください。

 1000万? 500万?いやいや30万ぐらい?金額はいくらでも大丈夫です♪

 

2.どこの銀行に預けていますか?

 三菱東京UFJ?三井住友?ソニー銀行?楽天銀行?どこでも大丈夫です♪

 (ここでもあなたが実際に預けている銀行をイメージしてみたください。)

 

ここでは分かりやすいように仮に1000万円の貯金をUFJ銀行に預けていたとします。

 

このお金はあなたが社会人になってから、コツコツと貯めた将来の自分の為の貯金です。自分たちの豊かな老後のために、もしくは万が一の時のために一生懸命あなたがコツコツと貯めた大切なお金です。

 

あなたはこのお金を大切に大切に、なるべく使わないように銀行にしっかり預けていました。

 

あなたは40才の誕生日までにこの1000万円の貯金を達成することができました。1000万円もの貯金をできた自分がとても誇らしく、あなたはとても満足して安心して老後まで銀行に預けることにしました。

 

30年後の70才の時。

あなたは、年金生活をしているのですが、家のリフォームや孫の結婚式費用などでお金が必要になり、この1000万円を引き出すことにしました。

f:id:gambiecat:20190811180821p:plain

若い時に一生懸命貯めたお金。大切に大切に使わずにとっておきました。

住み慣れた家のリフォームをし、孫へのお祝いなど、有意義にこのお金が使えることをとても嬉しく感じています。

 

銀行の窓口に通帳と印鑑を提示し、待ちに待った1000万円♪

窓口の女性があなたの預金を持ってきてくれました。

 

目の前にはお金の束が♪ ドキドキしながら、受け取るのをあなたは待っています。

 

では、ここで質問です。

「30年前に預けたこの1000万円は、

一万円札が何枚で出てきたでしょうか?」

 

 f:id:gambiecat:20190811180827p:plain

「・・・・・・・・・????」

 

答えはもちろん1000枚ですよね。

1万円札×1000枚=10,000,000円

 

少しトリッキーな質問でしたが、自分が預けた金額と同じ金額が出てくるはずです。(金利はひとまず考えずに。)

 

 

自分が預けた金額=30年後に出てくる金額

1000万円預けた=30年後に1000万円出てくる

1万円札×1000枚預けた=1万円札×1000枚出てくる、ですよね♪

f:id:gambiecat:20190811181255j:plain

 

話を戻しましょう。

自分が預けた1000万円を受け取ったあなたはとても安心しました。

銀行に預けていたので泥棒に取られることも、紛失したり、火事で焼けてしまう心配もありませんでした。

 

ホッとしています。

 

 

あなたはこのお金を有意義に使ってたくさんのことをしようと思っています。

家のリフォームに、孫へのプレゼント、おいしいモノを夫婦で食べに行って、足腰が元気なうちに海外旅行にも行きたい。

 

そう思いながら、あなたはこのお金を使いだしました。

すると、なにかがおかしい??

なにか、感覚が違う感じがするのです。

 

あれ?1000万円ってすごくたくさんのお金な感じがして、これだけのお金があると、もっともっとたくさんのことができる!って思っていたのに、もう手元にはほとんど残っていない。。。

f:id:gambiecat:20190811181312j:plain

どうしてだろう???

 

さて、どうしてでしょうか?

 

この30年間で預けた一万円札の枚数は変わりませんが、

この30年間でモノの値段の価値が変わっていたのですね。。。

 

つまり物価です。

モノの価値が上昇することをインフレと言いますが、ここでは難しい言葉は使わず、また下の質問に答えてみてください。

 

あなたが、子どもの頃に缶ジュースは1本いくらで売られていましたか?

ディズニーランドの入園料はいくらでしたか?

アイスのガリガリ君はいくらでしたか?

 

私の記憶では子どもの頃に缶ジュースは1本70円ぐらいでした。

今では130円~150円といったところでしょうか。倍になってますね。

 

ディズニーランドやUSJはどんどん値上がりしてるイメージ。

ガリガリ君も値上がりしましたね。

 

こうやってモノの値段はゆ~~~~~っくり上がっていくので、

「昔と比べて高くなったな~」と感じにくいのですが、確実にモノの値段は上がっていってます。

 

モノの値段が倍になるということは、

1万円で買えていたモノに、2倍の2万円を払わないといけなくなります。

1万円札が1枚でよかったのに、2枚とバイバイする必要があります。

 

ここであなたの1000万円を思い出してください。

 

きっと今から30年後にはモノの価値は上がっています。

仮に倍になっていたとしたら、1000万円あったとしてもお金の価値としては500万円ぐらいです。

 

1000万円を30年後に引き出したら500万円になっていた。

きゃーーーーーー!

いや~~~~てすよね。。。(笑)

 

 

ちょっとホラーなお話でしたが、つまりこれが

『インフレーション』です。

 

インフレとは物の価値=物価が上がることです。

つまり今まで100円で買えていたのに、200円出さないといけなくなる経済現象です。 

f:id:gambiecat:20190811181411p:plain

ドイツのハイパーインフレお金の価値が紙切れ同然の為、お金を積み上げて遊ぶ子どもたち



そして今、日本では2%のインフレを目指しています。

 

モノの価値を引き上げようと、国が頑張っています。

モノの価値が上がるということは、逆に1万円の価値が下がるということですね。

 

さらに、銀行の金利は何%でしたでしょうか?

0.001%ぐらいでしたね。

30年後にこの金利で増えるお金はたったの3000円です。。。泣

 

これではインフレに負けます。

つまり銀行にお金を預けたままでは、あなたのお金はどんどん減っていく、ということでした。

 

金利に気を付けてみてくださいね♪