もとファイナンシャルプランナーのブログ

もとFPがハワイ移住を目指すブログです♪

『金持ち父さん、貧乏父さん』

この記事は約3分で読めます。

f:id:gambiecat:20190807134726j:plain

「金持ち父さん 貧乏父さん」日本オフィシャルサイト

 

わたしがお金に興味を持ち出したのは19才の時でした。

当時大学受験に失敗したわたしは、デパ地下で時給900円でアルバイトをしていました。

f:id:gambiecat:20190807134713j:plain

 

その時は実家暮らしでしたし、親の扶養にまだ入っていたので国民健康保険料の支払いもなく、国民年金に至っては支払いをしないままでした。(つまり未納。汗)

 

住民税は前年の所得から計算されるため、前年に学生だった私は支払義務がありませんでした。

 

そうすると、アルバイトで稼いだお金がほぼ自分のお小遣いになるのです。

 

子どもの頃から貯金が大好きなわたしは、毎月どれくらい貯金ができるだろう?とよく計算をしていました。

 

時給×一日の労働時間×シフトの日数=ほぼ貯金♪

f:id:gambiecat:20190807134722p:plain

だいたい15万円以上は毎月貯金できていました。

通帳をながめながら毎月増えていくのがとても楽しみでした。

 

でもある時ふと、ある考えが頭をよぎり、、、

 

「毎月使わなければお金って貯まっていくけど、どうやったらこれ以上増やすことができるんだろう???」

 

『お金ってどうやって増えるの?』と純粋に19才のわたしは思ったのです。

f:id:gambiecat:20190807134718j:plain

 

 親に聞いたら、「一生懸命、継続して働きなさい。」「無駄遣いをしないこと。」とまっとうな答えが返ってきました。

 

そりゃそうですよね。

親として100%の回答だと思います。

 

でもわたしが欲しかった答えではなかったのです。

「わたしは一生懸命働いているし、無駄遣いもしてない。わたしが知りたいのは、ここからどうやってお金が増えるのかっていうことなの。」

 

とモンモンとしていた時に出会ったのが、

『金持ち父さん、貧乏父さん』でした。

 

あまりにも有名な本なので、ここではあえて内容の紹介はしませんが、ご興味のある方はコチラ

www.richdad-jp.com

 

けっこう分厚いうえに、19才のわたしには内容がむずかしかったのですが、

『不労所得』という言葉をはじめて知り、『お金がお金を増やしてくれる』

『マイホームは資産ではなく負債になる』と衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

 そこからお金が増える仕組みをもっと知りたい!と思い、ゆくゆくファイナンシャルプランナーになります。

 

ちょっとむずかしいですが、良書ですのでぜひ一度読んでみてくださいね♪